ポンプ交換は10年が目安

img-1

揚水ポンプや排水ポンプは、何年ぐらいでポンプ交換するのが適当でしょうか。もちろん機械には個体差がありますし、使用状況によっても大きく異なる可能性があります。

1日に何時間運転するかも大切な要素となります。それらを総合して、だいたいの目安を言えば、使用開始から10年目ぐらいでポンプ交換をするのが一般的と言われています。

汚水を汲み上げるポンプは、水中の異物によって吸込口が詰まってしまうことがあります。

こうなると異物が機械の中まで入らなくても、モーターへの負荷が過大になって、寿命を縮めることになりがちです。


また羽根車が摩耗したり、ケーブルを噛みこんだりする故障も起きやすくなります。


その他漏電などのトラブルが発生することもあり、10年程度で十分に機能しなくなるケースが多いようです。

異音が発生したり、吸水効率が悪くなったりしたときは、オーバーホールで調子が回復することもあります。


この際にはメカニカルシールやベアリングなどを取り替えることで、ポンプ交換よりは費用をかけずに修理が可能です。

しかしポンプ全体が老朽化していると、部分的に修理しても、すぐに別の部分が故障してしまい、結果的にトータルの修理費用が高くつくことになります。


また製造開始から10年も経過していると、修理用の部品の在庫がメーカーに残っていない可能性もあります。


それらを考え合わせると、10年程度でポンプ交換をするのが、経済的にも効率的と言えるでしょう。

デザインアンテナをご提案いたします。









http://girlschannel.net/topics/728117/

http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/02/post-81.html

http://store-tsutaya.tsite.jp/item/sell_game/4902370534740.html

関連リンク

img-2
クラウド型と市販の会計ソフトの違いについて

自由業やフリーランスを始めとした個人事業主にとって、確定申告の準備は手間がかかるものだと思います。レシートの整理をして会計ソフトに入力する作業などは、時間がかかってしまう作業になりますので、楽に済ませたいと感じている個人事業主は多いでしょう。...

more
img-2
ポンプ交換は10年が目安

揚水ポンプや排水ポンプは、何年ぐらいでポンプ交換するのが適当でしょうか。もちろん機械には個体差がありますし、使用状況によっても大きく異なる可能性があります。...

more
top