会計ソフトのセキュリティ設定について

img-1

ある日会計情報が漏えいしてしまった、もしくは盗難にあってしまった、ライバルに社内の機密情報が渡ってしまったという事態になったら大変なことになります。



特に取引内容がすべて明るみに出てしまいますから取引先からの信用もガタ落ちになりますし、売上も大幅な赤字に転落してしまいます。



もしそのような事態になってしまったら大変です。



万が一にもそうならないように常日頃から会計ソフトのセキュリティ対策を万全にしておく必要があります。



例えば、IDやパスワードの設定を行いユーザーを制限したり、アクセスログを取得して何か問題が発生した場合にフィードバックしたり、使用機種の指定を行って担当者以外に使用できないようにしたり、データの暗号化を図って外部からはわからないようにしたり、現在使用しているソフトによってあらかじめ用意されている機能はそれぞれ異なるかとは思いますが、できる範囲のセキュリティはなるべく強化したいものです。



一方でクラウド型会計ソフトを利用する場合は、そのソフトウェア提供会社と相談してできるだけセキュリティを強化できるように調整する必要があります。

http://smany.jp/tag/7811

中小企業のような事業規模の場合は、会計ソフトもスタンドアロン形式のものを使用しているケースが多いと思われますが、そのような環境の場合のセキュリティ対策としては、USBキーなどを利用して席を離れている間に除かれないようにパソコンをロックすることを心がけるようにしてください。

http://girlschannel.net/topics/58376/

http://viewcard.okbiz.okwave.jp/faq/show/141?category_id=35

関連リンク

img-2
代表的なクラウド型の会計ソフトについて

パソコンにインストールするタイプの、個人事業主向けの確定申告ソフトは様々な種類のものが登場しています。それと比較したときに、確定申告に対応しているクラウド型の会計ソフトについては、近年本格的に広がり始めているものと言えます。...

more
img-2
会社を設立したら会計ソフトを導入しよう

会社を新たに設立して事業を開始すると、会社の利益のみならず、会社を維持するための経費、人件費である従業員の給料などのデータを重要な情報としてまとめて保管しておくことはセキュリティ面から考えても大事なことだとは思いますが、帳簿の形として残さなければ確定申告において申告漏れを言い渡されるばかりか、最悪追徴課税を要求される場合も考えられます。このようなことを回避するためにも、会社を設立したら会計ソフトを導入することをお勧めします。...

more
top