クラウド型と市販の会計ソフトの違いについて

img-1

自由業やフリーランスを始めとした個人事業主にとって、確定申告の準備は手間がかかるものだと思います。

レシートの整理をして会計ソフトに入力する作業などは、時間がかかってしまう作業になりますので、楽に済ませたいと感じている個人事業主は多いでしょう。
近年では面倒な確定申告の作業を楽にしてくれる、クラウド型の会計ソフトが人気を得ています。

クラウド型の会計ソフトであれば、インターネットを利用できますので、記帳作業を自動化できる点が特徴となっています。


クラウド型の会計ソフトを利用していない人にとってみれば、一般的に市販されているソフトとどのような違いがあるのかわからないかもしれません。クラウド型の場合には、インターネットに接続して利用するものとなり、クレジットカードのインターネット上の明細書とクラウド型の会計ソフトを連携させることによって、自動的にクレジットカードの明細をソフトの中に取り込むことが可能となります。

市販のソフトの場合には、明細書について手作業で入力していくものであったために、作業の効率が悪いという問題点がありました。クラウド型のソフトであれば、インターネットバンキングの銀行口座と連動させることによって、預金出納帳を自動的に作成することも可能となっています。スマートフォンからの作業に対応しているソフトもあるので、パソコンでなくてもネットに接続できる環境があれば、タブレット端末からもアクセスができます。











https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8412686.html

http://www.kyodonews.jp/sports/olympics/beijing/kyodonews/topics2/049292.html

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n24550

関連リンク

img-2
クラウド型と市販の会計ソフトの違いについて

自由業やフリーランスを始めとした個人事業主にとって、確定申告の準備は手間がかかるものだと思います。レシートの整理をして会計ソフトに入力する作業などは、時間がかかってしまう作業になりますので、楽に済ませたいと感じている個人事業主は多いでしょう。...

more
img-2
会計ソフトとマイナンバー制度について

最近何かとマイナンバー制度が世間を賑わしています。これにより、社会のあらゆる局面においてマイナンバーに対する対応が急がれるものと思われます。...

more
top