ナレーションのコツについて

img-1

ナレーションを上手に行うには、いくつかのコツがあります。まずは、「話し方」。


5mほど離れた人と喋る感じで行いましょう。


そのくらいの距離を想定すると、ゆっくりかつ分かりやすく話すことができます。


間の取り方にも気を付けましょう。話す速度よりも、こちらのほうが重要です。自分が思っているよりも長めに取ったほうが、伝わりやすくなります。

また、アクセントにも気を付けましょう。例えば「花が咲いています」という場合は、「が」の所にアクセントが来てはいけません。

とはいえ、独特のアクセントが味を生み出すこともあるので、これはあまり気にしなくてもよいでしょう。
ナレーションのコツの二つ目は、「文章」。

基本的に、画面の説明は不要です。特に、「奇麗な花が咲いています」などのような修飾語は使わないほうがいいでしょう。


奇麗かどうかは、見る人が決めることだからです。

「菜の花畑が広がっています」という言い方がベストです。

また、なるべく簡単な言葉遣いを心掛けましょう。


文章を目にすればすぐ分かる言葉でも、耳から入って来ると分かりにくいということは多々あります。

カタカナ語も、なるべく日本語に直しましょう。
例えば、「スキル」は「能力」と言い換えることができます。
その他のナレーションのコツとしては、「入りと終わりのタイミング」が挙げられます。


入りの部分は1秒以上、終わりの部分は2秒以上の間を取りましょう。
これにより、落ち着いた感じを出すことができます。











https://allabout.co.jp/gm/gc/463290/

https://matome.naver.jp/odai/2146396757016678001

http://girlschannel.net/topics/58376/

関連リンク

img-2
会社を設立したら会計ソフトを導入しよう

会社を新たに設立して事業を開始すると、会社の利益のみならず、会社を維持するための経費、人件費である従業員の給料などのデータを重要な情報としてまとめて保管しておくことはセキュリティ面から考えても大事なことだとは思いますが、帳簿の形として残さなければ確定申告において申告漏れを言い渡されるばかりか、最悪追徴課税を要求される場合も考えられます。このようなことを回避するためにも、会社を設立したら会計ソフトを導入することをお勧めします。...

more
img-2
会計ソフトのセキュリティ設定について

ある日会計情報が漏えいしてしまった、もしくは盗難にあってしまった、ライバルに社内の機密情報が渡ってしまったという事態になったら大変なことになります。特に取引内容がすべて明るみに出てしまいますから取引先からの信用もガタ落ちになりますし、売上も大幅な赤字に転落してしまいます。...

more
top