ナレーションの仕事内容とは

img-1

ナレーションと聞くと、ドキュメンタリーやバラエティなどのテレビ番組や、テレビCMで映像のバックで話しているというイメージが強いですが、それ以外にも様々な場所でナレーションが行われています。

例えばカーナビなど電化製品の音声や駅のアナウンス、留守番電話や音声通話のガイダンス、銀行のATMや自動販売機の音声、教習所や役所で流れているビデオなど、日常の様々な場面でナレーションが使われています。


こうしたナレーションを行うナレーターには、アナウンサーやお笑い芸人、声優や舞台役者など、声を使う仕事をしている人が多いのですが、中には何の訓練も受けていない一般の人の声が使われている場合もあります。


こうした仕事は事務所に所属していようと完全歩合制で、仕事がなければ収入もなくなってしまいます。

毎日のようにテレビ番組に出ているナレーターならば、年収1億という人もいますが、平均値では200万を切るというのが現状で、年収10万円あるかないかという人も大勢います。
そのような状況であるため、ナレーションの仕事のみで生活している人は非常に少なく、それぞれ別の仕事をしながらナレーターをしていのです。
そんな状況でもナレーターになりたいというのであれば、まずナレーターや声優の事務所に入ることを目指しましょう。

事務所に入ることで、個人で営業活動を行うよりも仕事を得やすくなります。事務所の入り方は様々で、自前の養成所の卒業生から選ぶところや、オーディションやボイスサンプルで入所者を選ぶところなどがあります。

事務所のホームページなどを比較してみるといいでしょう。





フラットアンテナ情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。





https://m3q.jp/?tag=%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E6%9C%BA

http://www.sankei-digital.co.jp/services/kiji.html

https://news.nifty.com/article/technology/internet/12185-36382/

関連リンク

img-2
ポンプ交換は10年が目安

揚水ポンプや排水ポンプは、何年ぐらいでポンプ交換するのが適当でしょうか。もちろん機械には個体差がありますし、使用状況によっても大きく異なる可能性があります。...

more
img-2
会計ソフトのセキュリティ設定について

ある日会計情報が漏えいしてしまった、もしくは盗難にあってしまった、ライバルに社内の機密情報が渡ってしまったという事態になったら大変なことになります。特に取引内容がすべて明るみに出てしまいますから取引先からの信用もガタ落ちになりますし、売上も大幅な赤字に転落してしまいます。...

more
top