代表的なクラウド型の会計ソフトについて

img-1

パソコンにインストールするタイプの、個人事業主向けの確定申告ソフトは様々な種類のものが登場しています。

それと比較したときに、確定申告に対応しているクラウド型の会計ソフトについては、近年本格的に広がり始めているものと言えます。


個人事業主向けとして使用できる、青色申告に対応しているクラウド型の会計ソフトとしては、freeeとやよいの青色申告オンライン、MFクラウド確定申告の3種類が知名度の高いソフトとなります。

クラウド型の特徴として、パソコンにインストールする必要がないので、タブレット端末やスマートフォンからもアクセスを手軽に行うことが可能な点があります。
毎日の記録として帳簿を残すことを考えると、入力の度にパソコンを起動させるのは面倒だと感じる人もいるでしょう。

パソコンよりもスマートフォンを利用していることが多い人にとっては、スマートフォンで経費などの会計記録を取りたいというニーズが高いと言えます。

そのような個人事業主にとっては、クラウド型の会計ソフトを選択したほうが良いと考えられます。
クラウド型のサービスであれば、パソコンが故障したときであっても他のデバイスからアクセスすることが可能なために、データを失うリスクを無くすことにもつながります。
シェア率の高いソフトとしてはfreeeを挙げることができて、個人事業主が利用するときには年額9800円となります。
やよいの青色オンラインの場合には、有料プランとして2種類のものが用意されており、セルフプランが年額8640円、ベーシックプランであれば年額12960円となります。やよいの青色オンラインの特徴としては、他社のソフトや弥生の会計ソフトのデータを取り込める点にあります。





フラットアンテナに関する予備知識の情報が満載です。





http://viewcard.okbiz.okwave.jp/faq/show/141?category_id=35

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8412686.html

http://tsutaya.tsite.jp/item/music/PTA00008H3UL

関連リンク

img-2
ナレーションの仕事内容とは

ナレーションと聞くと、ドキュメンタリーやバラエティなどのテレビ番組や、テレビCMで映像のバックで話しているというイメージが強いですが、それ以外にも様々な場所でナレーションが行われています。例えばカーナビなど電化製品の音声や駅のアナウンス、留守番電話や音声通話のガイダンス、銀行のATMや自動販売機の音声、教習所や役所で流れているビデオなど、日常の様々な場面でナレーションが使われています。...

more
img-2
会計ソフトとマイナンバー制度について

最近何かとマイナンバー制度が世間を賑わしています。これにより、社会のあらゆる局面においてマイナンバーに対する対応が急がれるものと思われます。...

more
top